体表解剖学研究会

骨や筋の触察法動画配信について

 新型コロナウィルス流行の中,当研究会では今年度開催予定であった,運動器系体表解剖セミナーのコースは全て中止といたしました(昨年度予定であったセミナーの一部の今年度末開催については検討中)。そこで,以下の経緯と注意点のもとで,これまでセミナーで実施してきた触察のデモンストレーションを中心に編集し,動画を配信することにいたしました。「経緯と注意点」をご確認の上,これまで運動器系体表解剖セミナーを受講された方,またこれから本セミナーの受講を希望される方の学習のお役に立てれば幸いです。
なお,ウィズコロナとしての,当研究会の新たなセミナーの企画等についても検討中ですので今しばらくお待ちください。

                       体表解剖学研究会 会長 明瀬敬二 


第2弾 上肢の筋の触察法
●上肢の筋の触察法-1 上腕二頭筋と烏口腕筋の触察法



●上肢の筋の触察法-2 前腕部前面の浅層の筋群の触察法


※ 動画の無断転載禁止

※ 次回の配信は12月1日を予定しております。




第1弾 肩周辺の骨と筋の触察法

 肩周辺の痛みや関節可動域低下の治療や評価のために,必要な骨の触察法と,評価や治療の対象となることが多い筋の触察法について解説する。

●骨の触察法(肩甲骨の下角、内側縁、上角、肩甲棘、肩峰,鎖骨、肩鎖関節)



●棘上筋,棘下筋、小円筋の触察法


※ 動画の無断転載禁止
このページのトップへ