体表解剖学研究会

体表解剖学研究会について

沿革

平成 8年 (1996年) 杉村病院(熊本県)にて触察セミナーが開始される。
平成 9年 (1997年) セミナー名を「筋触察セミナー」として正式に開始される。(第1回)
平成10年 (1998年) 会場を介護老人保険施設のぞみ(熊本)に移して開催となる。
「骨格筋の形と触察法」が出版される。
平成11年 (1999年) 会場を田主丸中央病院(福岡県)に移し、セミナー名を「運動器系体表解剖セミナー」へ変更して開催となる。
年4 回(8 日間)コースで開催される。(第3 回)
平成13年 (2001年) 会場を西日本リハビリテーション学院(熊本県)に移して開催となる。
平成14年 (2002年) 年5回(10日間)コースで開始される。(第6回)
平成15年 (2003年) 西日本リハビリテーション学院(熊本県)に名古屋医療福祉専門学校
(愛知県)を加えた2 会場での並行開催が始まる。(第7 回)
平成16年 (2004年) 愛知県の会場を専門学校愛知医療学院(現愛知医療学院短期大学)(愛知県)に移して開催となる。
平成18年 (2006年) 熊本県の会場を九州中央リハビリテーション学院(熊本県)に移して開催となる。また、愛知県の会場では専門学校愛知医療学院(現愛知医療学院短期大学)(愛知県)と日本医療福祉専門学校(愛知)との共同開催となる。
セミナー開催10 周年記念式典が、熊本ホテルキャッスル(山茶花の間)で盛大に執り行なわれる。
平成19年 (2007年) 九州中央リハビリテーション学院(熊本県)、専門学校愛知医療学院(現愛知医療学院短期大学)(愛知県)に加え、日本工学院(東京)の3 会場での並行開催が始まる。(第11 回)
平成20年 (2008年) 研究会として正式に発足する。(名称:体表解剖学研究会)
平成22年 (2010年) 土佐リハビリテーションカレッジ(高知県)にてセレクションコースが開催される。
平成23年 (2011年) 一般社団法人として発足する。(名称:一般社団法人 体表解剖学研究会)
東京都の会場を東京工科大学に移して開催となる。九州中央リハビリテーション学院(熊本県)、愛知医療学院短期大学(愛知県)、東京工科大学(東京都)に加え、四国医療専門学校(香川県)の4 会場での並行開催が始まる。(第15 回)
上肢中心の6 日間コース(A コース)と下肢中心の6 日間コース(B コース)の2 コースを設定し開催される。
平成24年 (2012年) 第3回全国研修会が九州中央リハビリテーション学院(熊本県)にて開催される。
土佐リハビリテーションカレッジ(高知県)にて頭・頸部の体表解剖セミナー “摂食嚥下療法や頸部の治療のために” が開始される。
新潟医療福祉大学(新潟県)にてセレクションコースが開始される。
平成25年 (2013年) 第4回全国研修会が土佐リハビリテーションカレッジ(高知県)にて開催される。
九州中央リハビリテーション学院(熊本県)、愛知医療学院短期大学(愛知県)、東京工科大学(東京都)、穴吹リハビリテーションカレッジ(香川県)に加え、ハーベスト医療福祉専門学校(兵庫県)の5会場での並行開催が始まる。(第17回)
平成28年 (2016年) 平成28年(2016年)第5回全国研修会がサザンビーチホテルアンドリゾート(沖縄県糸満市)にて開催される。
セミナー開催20 周年記念式典が、美々ビーチいとまん(沖縄県糸満市)にて盛大に執り行なわれる。
平成29年 (2017年) 平成29年(2017年)定款に基づき役員改選が行われ、明瀬 敬二 氏(会長)、菅原 仁 氏(副会長)を中心とする新体制となった。
磯貝 香 氏(前会長)、 河上 敬介 氏(前監事)は、相談役として当研究会の運営を支えていくことになった。
このページのトップへ